小児歯科PEDODONTICS

「お子さまの歯を守りたい」
という患者さまへ

幼少期からのケアが歯の寿命を左右する

人間の歯は、よく知られているように大人になる前に一度生え変わります。子供の歯(乳歯)は、本数も少ないですし、それ以外にも大人の歯(永久歯)と異なる点がいろいろとあります。歯が生え変わる前から適切なサポートを行うことで、将来の口腔内のトラブルの予防にもつながります。悪い歯並びは身体の成長や発音にも影響してしまいますので、大切にしましょう。

CHECK LIST

  • 生活習慣を整える
  • 歯みがきをする習慣をつける
  • 飲食物に気をつける
  • 定期的な予防習慣を身に着ける

お口の健康と成長にとって良いことは同じです

栄養バランスが良く規則的な食事を摂ることで、健康で丈夫な身体をつくります。親御さんは日頃から子供の健康的な発育のために気を使っていると思います。これはお口の健康に対しても同じことがいえ、過度な間食を控えて食事中はよく噛んで食べるといった生活習慣がむし歯に対する抵抗力も高めます。

また、大人になると当たり前に行っているブラッシングも、元々は親御さんからの指導で身に付くことですので、ご自宅での歯磨き指導もとっても大切です。

幼少期には親御さんがブラッシングチェックを

大人もそうですが子供の場合は特に、適切なブラッシングを受けることで歯ぐきに当たる感覚を覚えていくといえます。当院では歯科衛生士スタッフから分かりやすくブラッシング指導をして差し上げますが、ご自宅でも必ず行ってほしいと思います。


間食は成長に欠かせませんが、お口の健康を害さない程度に

成長に必要な栄養補給のためには間食も大切です。しかし、ダラダラと長時間食べることはむし歯の原因にも繋がります。お口の中の唾液には、食事で酸性となった環境を弱アルカリ性へ戻す性質がありますが、長時間食べ物がお口にあると、酸性の環境のままとなってしまいます。酸性の環境はむし歯菌の活動を促進してしまい、歯の表面のエナメル質を溶かしてしまいます。食事はよく噛んで頂きたいですが、なるべくメリハリをもって摂ることが重要です。

大人も子供も定期的なプロケアを受けましょう

子供の歯を守るためにも親御さんと一緒に歯医者でのプロケアを受けましょう。特に子供の乳歯は永久歯よりもむし歯には敏感になってほしいと思います。来院頂ければ、お子さまには特にむし歯菌の酸に負けぬようフッ素を塗布したり、歯の凹凸部分がむし歯になりにくいようシーラントという処置を施すことができます。

乳歯のむし歯が進行すると、下から生えてくる永久歯にまで影響しますので親御さんはチェックを欠かさないことと、定期的な検査と処置を継続していきましょう。

  • あさの歯科ブログ BLOG

お問い合わせ CONTACT

TEL  O52-698-1482

休診日/木曜、日曜、祝祭日
※水曜日午後は往診の為15時からの診療です

Copyright © ASANO DENTAL CLINIC,All Rights Reserved.

TEL  O52-698-1482