マウスピース矯正(インビザライン)MOUTHPIECE

透明で目立たない
マウスピース矯正(インビザライン)

マウスピース矯正とは、1人ひとりに合ったオーダーメイドのマウスピース型矯正装置(アライナー)を、歯並びの改善の段階に合わせてつけ替えることで、歯を少しずつ移動させていく方法です。ワイヤーやブラケットを使わず、透明なマウスピース型の装置で歯を動かす新しい矯正方法です。目立たず、周囲の人に気づかれにくいのが特徴です。

当院では、最も患者様に負担が少なく、かつ効果的な矯正法として、インビザライン(マウスピースを用いる矯正システム)を採用しています。このシステムは世界で800万人以上を超える治療実績があり、矯正先進国のアメリカでは70%以上の矯正医がインビザラインを採用しています。

マウスピース矯正のメリットとデメリット

マウスピース矯正には従来の矯正歯科治療にないたくさんのメリットがあります。

CHECK LIST

  • イベントの時に外して人前に出られる
  • 矯正歯科治療中であることが気づかれにくい
  • 好きなものを食べられてストレスが少ない
  • 外して歯をみがけて虫歯になりにくい
  • 金属アレルギーでも治療できる

一方でデメリットもないわけではありません。ご自身の性格やライフスタイルと照らし合わせて、デメリットがさほど苦にならない場合、マウスピース矯正は非常にお勧めできる治療法です。

CHECK LIST

  • 一定時間装着しないと治療が無効になる
  • 油断すると紛失してしまうことがある
  • 装着中に食事はできない

マウスピース矯正の治療の流れ

治療説明・相談

インビザラインに対する疑問や不安、さらに矯正相談を受けようと思われたきっかけや、矯正治療にて行うことがある歯を抜く、削るなどに対する抵抗感をお聞きし、少し歯並びの状態を確認させて頂き、治療期間の概算もお伝えします。まずは当院にご予約のうえお越しください。



検査・診断

虫歯や歯周病の状態を確認するための検査を実施します(保険適用)。矯正用のレントゲンを撮影します(保険適用外)。後日、検査の結果を受けて診断結果や治療方法をご説明します。患者様のご要望もしっかり細かくお伺いいたします。




歯型採取

次にマウスピースを作製するための歯型を採取します。口腔内3Dスキャニング(iTero)を用いるので、長時間お口を開けている必要はありません。データをもとに作成したシミュレーションを通して治療計画を策定します。



治療開始

マウスピース(アライナー)の取り外しの練習と使用方法、注意事項のご説明をします。アライナーは数枚分をお渡しします。1枚を2週間ずつ使用してください。4~10日程度(患者様により異なります)で使用してください。4~10日使用後、ご自身で次のアライナーに付け替えていただきます。 次回のご来院は1ヶ月後になります。 次回のご来院は1ヶ月後になります。



口腔内スキャナーを導入しています

インビザライン作製用の歯型を取るために、口腔内3Dスキャニング(iTero®)を使用しています。これにより精密な歯型データが採取でき、従来法による歯型採取より精度の高いインビザライン・アライナー(マウスピース)が作製できるようになりました。

スキャニングした歯型のデータはその場で確認ののち、すぐに米国のアライン・テクノロジー社に送ります。輸送の手間があったシリコンによる歯型に比べ、iTeroスキャニングの導入により工程に費やす時間が約半分に短縮されています。

データを受け取った米国アライン・テクノロジー社では、歯型データやレントゲン、口腔内写真のデータをもとにインビザライン治療計画に沿った3Dのシミュレーションが作られます。

なお、歯型のスキャニングを一回行えば、治療終了までに必要なすべてのマウスピースがアライン・テクノロジー社で作製され、当院に送付されます。それらのマウスピースは、月一度のクリニック来院時に次回使用していただく分としてお渡ししますので失くさないように大切に保管してください。

治療にかかる期間について

インビザライン矯正の治療期間は、表側矯正と同じぐらいで2年〜3年ほどが一般的です。従来、マウスピース矯正はワイヤー矯正よりも治療期間がかかるといったイメージがありましたが、近年の技術の進歩によって表側矯正と変わらない期間で治療を完了することができるようになりました。歯を動かす期間として約2〜3年かかり、その後、保定装置(リテーナー)を使って並べた歯を固定する「保定期間」を置きます。

歯を動かす時、強い力をかければ早く歯を移動させることも可能ですが、そうすると歯を支えている骨(歯槽骨)の再生と吸収のスピードが追いつかず、重度の歯肉退縮を起こしてしまう、歯が抜けてしまう、強い痛みが出るなどの深刻なトラブルを生じてしまいます。インビザラインの治療でのマウスピース装着によって動く歯の距離は0.25mm程度と思っておいてください。そのため、歯を1mm動かすのには2ヶ月間を要します。歯を綺麗に並べるにはどうしても長い期間がかかってしまうのです。

一方、保定期間は、最低でも歯を並べる期間と同じ期間必要とされる場合が多いです。特に重度の不正咬合だった方などは、歯の後戻りが生じる可能性が高いので、歯を並べる期間以上の保定期間が必要とされる場合が多いのです。

トータルでは、矯正治療にかかる期間は4年前後といったところでしょうか。

スムーズに治療を終わらせるためには、毎月の来院日をきちんと守りましょう。来院を怠ると次のステップに進めず、1〜2ヶ月の治療が遅れる可能性が生じます。

その他の矯正治療との比較

インビザライン 他の矯正法
正確さ ・全世界の臨床データをもとに
システム化された高度な技術で治療設計
・精度が非常に高い
・担当医師の矯正技術により、
バラつきが生じやすい
歯型の採取 ・最初の1回のみ
・矯正期間中の2週間~1ケ月に
1回の採取を必要とする。
・毎回、お口を開けて歯科材料を用いた歯型取りをするので患者様の負担が大きい
来院間隔
・期間
・検査後には治療期間が決まる
・2~3ケ月に1回の通院で十分
・最初に治療期間を予測することが難しい
・2週間~1ケ月に1回通院の必要がある
治療料金 ・基本的に定額制
・毎回の診察料が発生しないので、
治療開始前に総額を提示
・毎回の来院ごとに処置料を支払う
・治療が終わるまで総額が不明で、
長期間に及んで高額になることもある

料金表

名称 インビザライン
ライト
(超軽度)
インビザライン
モデレート
(軽~中度)
インビザライン
コンプリヘンシブ
(中度~難症例まで)
対象症例 簡単な部分矯正
歯並びの簡単な調整。
過去の矯正の簡単な後戻り
部分~軽度な全体矯正
歯並びの調整
過去の矯正の後戻り
ほぼ全ての症例
(抜歯等が必要なケース等)
治療期間
(歯が動く期間)
3か月前後 4か月〜1年程度 1年〜2年程度
治療修正回数
(治療のやり直し)
1回まで 2回まで 可能
マウスピースの数 14枚まで(2年以内) 26枚まで(3年以内) 無制限 (5年以内)
治療のゴール変更 不可 不可
金額 (税込) 440,000円 550,000円 693,000円
分割払い
(最大84回分割)
6,100円/月 7,600円/月 9,600円/月
  • あさの歯科ブログ BLOG
  • あさの歯科インスタグラム INSTAGRAM

お問い合わせ CONTACT

TEL  O52-698-1482

休診日/木曜、日曜、祝祭日

お問い合わせ画像

Copyright © ASANO DENTAL CLINIC,All Rights Reserved.

TEL  O52-698-1482

ネット予約24時間受付

アクセスマップ