一般診療GENERAL DENTISTRY

「歯が痛い」「気になる」という患者さまへ

一般歯科・歯周病治療について

歯医者へ来院される患者さまの中で、一番多いのがむし歯に関連する痛みや違和感を感じてという主訴です。そして、むし歯になってしまって治療をされる患者さまの多くは初めて治療を受ける方ではなくて、再発や過去に治療したところと違う部位がむし歯になるという「経験者」です。すなわち、むし歯になってしまう方は定期的に口腔内にトラブルをかかえる傾向があるということです。

当院では、検査・診断を経てしっかりと治療して差し上げることはもちろんですが、むし歯の原因となるブラッシング(歯磨き)のクセやより効果的なセルフケアも指導してまいりますと共に、より再発リスクの低い治療内容のご説明も行ってまいります。

より良い治療のための3つのポイント

当院では患者さまのご要望にそって治療を進めていきます。
しかし、もし患者さま自身がより良い治療をご存知ない場合はちゃんとご提案いたします。

厚労省が推奨する治療の流れは「歯ぐきの処置」から

まだまだ多くの患者さまがご存じないのが歯ぐきの状態改善が大切だということです。歯医者の世界ではよく例えとして使われますが、むし歯治療が家の建設だとすると、歯ぐきの状態を改善する処置は家の土台をしっかりと整備することと言えます。基礎である土台がしっかりと安定した状態でなければ、どんな構造の家も建てた後にグラついてしまうように、歯ぐきがキレイに引き締まっている状態を目指すことは大切です。

では何故このような当たり前とも感じられることが全ての歯医者で実践できていないかというと、歯科衛生士がちゃんと在籍しているか、処置を施すうえで必要なスキルが習得できているかということが意外と当たり前ではないからです。当院では、ベテランの歯科衛生士が在籍すると共に、若手スタッフも定期的に院外講師に技術指導を受け研鑽をつみ最新の器具を用いたスキルを磨いています。その為に理想的といえる治療の流れを実践し、全ての患者さまに対してむし歯の治療を進めながらも歯ぐきの処置を施せる体制をしいているのです。




歯を失うことは避けられるのです

絶対とは言えませんが、少なくとも加齢とともに自然に抜け落ちてしまうというのは誤解です。昔に比べてご自身の歯が多く残っている高齢者が増えていることが物語るように、適切な予防習慣でなるべく永く健康な歯を多く残せるのは事実なのです。歯を長く保てるかどうかは、先のような治療の進め方や素材の選び方もそうですが、痛みや腫れなどのない日頃からメンテナンスケアを続けられているかどうかにかかっています。

ご自宅でのセルフケアと歯医者でのプロケアの両方とも重要なものですが、ブラッシングを頑張るといったことではなく、磨き残しのクセを知ることやケアグッズを使用することも大切です。当院では歯科衛生士スタッフが患者さま個々に違うクセを理解し、ご説明するほか、状態に合わせたプロケアの頻度もお伝えいたします。

状態が良いうちは3~4か月といった期間を空けてメンテナンスケアを受けていただけるでしょう。もしも悪化が見られる場合には、もう少し短い期間でケアを続けるような指導をしていきます。特別難しいことはないので、多くの患者さまに正しいケア習慣を知って頂きたいと思います。

詰め物や被せ物の種類

未だに「むし歯が出来たら銀歯を入れるもの」という強いイメージをお持ちの患者さまもいらっしゃいますが、技術の発達により、現在では色々と選択肢が豊富なのです。保険では白い歯を入れられないと思われがちですが、特定の部位であれば金属を使わない被せ物が保険適用になります。

高い精密度を追求したい方は、セラミック素材を削り出して制作する詰め物や被せ物を選択することができます。

セレックでセラミック歯を院内にて作製

当院ではセレックという最新機材を導入しています。歯科技工士スタッフが在籍しており、E-MAXという材料のセラミックを院内で制作し、提供できる体制を整えています。

保険の銀歯であっても長年連携をとっている技工所で精度高く制作することを目指していますが、金属は溶かした後に冷やし固めるという工程上、精密度に限界が出てきます。定期的にメンテナンスケアを続けていくことで再発リスクを低く抑えられますが、削り出して制作する補綴物に比べると精密度に違いが出てきてしまいます。患者さまのご要望に応じて、保険の銀歯からセラミック素材まで広く対応した治療が提供可能です。

歯を失う原因の多くは歯周病なのです

歯周病は感染症で、1か所でもあるとお口の中全体に広がってしまいます。食後に食べ物が詰まったような感覚が長く続く方や歯ぐきがブヨブヨと締まりなく、痒みに近い感覚のある方は軽度の歯周病の可能性があります。

歯周病は痛みが無くても進行しています

むし歯は一定以上進行すると痛みが出ることから、過度に我慢しなければ歯医者で治療を受ける機会ができます。しかし、歯周病は痛みが出ずにどんどん進行していきます。注意していれば分かる症状もありますが、あまり詳しく知らない方々は軽度の歯周病では放っておいてしまうことが多いといえます。
重度の歯周病へと、進むと歯を支えている骨は溶けてしまいます。歯自体が健康なのにも関わらず抜けてしまう原因はこれにあります。

歯周病の原因は、歯垢に住む原因菌です

歯周病が感染症であるというのは、この原因菌がうつることがキッカケとなるためです。そして、多くの方のお口には少なからず原因菌がいるものです。通常は歯周病を進行させるほどの量ではないのですが、歯と歯ぐきの間に歯垢が溜まり、そこに住み着く原因菌が一定以上に増えると歯周病が進行します。これは歯ぐきの自浄作用よりも歯周病の進行が勝っている状態です。

歯周病の治療も予防も歯垢を取り除くことです

歯周病の治療には、悪さをする原因菌を抗生物質で抑制するという方法もあります。しかし最も大切なのは原因となっている歯垢と取り除くことです。これは予防においても同じで、歯垢が溜まっている状態を長引かせないということになります。

毎日のブラッシングが適切にできていると、数か月では歯垢は多く溜まりません。ですが、磨き残しクセがあったり、そもそもブラッシングをサボってしまうと歯垢が溜まり、長く溜まることで固く取れにくくなって歯周病の進行を助長することに繋がってしまいます。歯周病は骨を溶かす程まで進行すると完治することはないのですが、原因菌の住処になる歯垢を取り除きお口の菌数を減らすことで歯ぐきの炎症は収まります。

歯周病の処置においては早めに手当てするにこしたことはありません。気になっている方や歯ぐきから出血する等といった症状のある方はなるべく早く検査とケア処置を受けて頂くことをお勧めいたします。

審美歯科

白くて汚れが付きにくいセラミック歯

保険の虫歯治療では歯を修復する際に銀歯を適応します。銀歯は硬くて丈夫ですが、いくつかのデメリットがあります。まず、金属アレルギーを誘発する素材が含まれているということ、そして年数が経つとセメントが溶け出し、隙間から虫歯菌が入り込むことがあるということです。虫歯菌が内部に侵入すると、中で虫歯が再発し、気付かないうちに大きな虫歯になってしまいます。

自由診療のセラミッククラウン・インレーであれば、白くて目立たないだけでなく、歯としっかりくっつくため、虫歯の再発があまり起こりません。表面がツルツルしていて、汚れが付きにくいこともその原因の一つです。セラミックであれば、金属アレルギーを持っている人でも装着でき、人体にも安全です。銀歯が目立つのが気になる人にお勧めです。

審美補綴の種類

ハイブリッドセラミック

セラミックと歯科用プラスチックであるレジンを混ぜて作った修復物です。たものです。レジンの軟らかさがあるため咬合の歯を傷つけることがありませんが、それは同時に、耐久性が低いというデメリットをも意味しています。




オールセラミック

セラミックだけで作られた修復物です。天然歯の透明感が再現でき、自然の歯のような美しさが特徴です。ハイブリッドセラミックに比べ、より割れにくくなっています。レジンより変色しにくいのも特徴です。

ホワイトニング

歯の表面を磨かずに歯を白くする

歯磨き粉にもホワイトニング効果のあるものが市販されています。歯磨きで歯を白くする場合、研磨剤によって着色汚れなどを落とすことで、歯の色を取り戻すのが一般的な方法です。

一方で、歯科で取り扱っているホワイトニングは、薬剤によって汚れを漂白し、歯の表面に化学変化を与えることで歯を白くするという方法を採っています。研磨剤によって歯の表面を削る必要がないのが、歯科のホワイトニングです。

ホワイトニングの種類

セラミックと歯科用プラスチックであるレジンを混ぜて作った修復物です。たものです。レジンの軟らかさがあるため咬合の歯を傷つけることがありませんが、それは同時に、耐久性が低いというデメリットをも意味しています。

オフィスホワイトニング

当院にお越しになり、行うホワイトニングです。薬剤を塗り、化学反応を促進するために光を照射します。何度か重ねてお越しになることで、より歯のトーンが明るくなります。虫歯・歯周病などがある場合は先に治療を行います。

当院では、 日本人向けに改善されたアメリカ発のホワイトニングシステムを導入しています。紫外線、赤外線を抑えた光(ハロゲン光)を用いるため、ほとんど熱が出ず、とても安全です。




ホームホワイトニング

ご自宅でできるホワイトニングです。トレーに薬剤を塗り、一定時間装着します。自宅で何かをしながら好きなときに行えます。オフィスの場合よりも優しい薬剤を使用するため、効果を実感するには何度か行う必要があります。

治療を行うには、まず当院にてトレーを作製します。トレーが出来たら、ご自宅でホワイトニングを開始することができます。 一日2時間、2週間を目安に行ってください。

  • あさの歯科ブログ BLOG

お問い合わせ CONTACT

TEL  O52-698-1482

休診日/木曜、日曜、祝祭日
※水曜日午後は往診の為15時からの診療です

Copyright © ASANO DENTAL CLINIC,All Rights Reserved.

TEL  O52-698-1482