入れ歯治療DENTURES

「入れ歯が合わない」という患者さまへ

歯の抜けた部分を補う治療は入れ歯やインプラントと選択肢は様々で、入れ歯治療に関しては条件が厳しくないので、比較的どんな患者さまにも適用が可能です。特に使っている入れ歯が合わない方や食事の際に痛みや違和感を感じている方は一度ご相談ください。



入れ歯のメリットは簡易的なところです

入れ歯は皆さまご存知の通り、脱着が容易です。掃除しやすく、お口の中も入れ歯自体も清潔な状態を保ちやすいというメリットもあります。そのほか、新たに歯の抜けた部分が増えたとしても入れ歯の人工歯を増やすといった修理も簡易的に行えます。歯を補う治療を考えたときに一番多くの人が第一選択として考えるのが入れ歯治療です。

入れ歯を使用するうえでの注意点

一番の注意点は合わない入れ歯を使い続けないことといえます。入れ歯は残っている歯や歯のない部分の歯ぐきで支えて噛めるようにする装置なので、合っていないと、想定していない部分に過度な力が加わってしまうことがあります。使用しているご本人も痛みを感じたりと、不便さのなかで生活することになってしまいますので、どんな状況であれ、我慢をすることは避けてほしいと思います。
もし、先々インプラント治療を施したいと考えている場合、合っていない入れ歯が原因で歯ぐきの下の骨が収縮し吸収されてしまうなど、インプラント治療を行える状態でなくなってしまう可能性もあります。

もう1つの注意点は清潔な状態を保つという点です。入れ歯を入れているとついついブラッシングを怠って過ごしてしまいがちです。入れ歯が汚れている状態が長く続くことで臭いの原因にもなりますし、残っている歯も早期に失ってしまう原因にも繋がります。ご自身の天然歯があった時と同じように、ブラッシングをし、入れ歯自体は洗浄剤で清潔な状態を保つよう心掛けていただきたいと思います。

入れ歯の種類

金属床

義歯床が金属でできているタイプです。当院では、コバルトクロムやチタンを用いた入れ歯を取り扱っております。自費診療となりますが、軽くて薄いため、保険の入れ歯よりも違和感が少なくなっています。また、臭いが付きにくく、高い審美性を持っています。


ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯をしていると金属の部分が目立って気になる方もいらっしゃるでしょう。そんな方にお薦めなのが、このバネのないタイプの入れ歯です。 柔軟性がある素材でできているので、もしも落としても割れにくくなっています。 歯1本から複数本まで対応が可能です。


インプラントオーバーデンチャー

インプラントを顎の骨に埋入し、そこに入れ歯を装着して固定する方法です。固定の仕方は磁石やバーなど色々ありますが、当院ではキャップを被せるようにして装着します。通常の入れ歯よりも、しっかりと固定することが出来ます。



  • あさの歯科ブログ BLOG

お問い合わせ CONTACT

TEL  O52-698-1482

休診日/木曜、日曜、祝祭日
※水曜日午後は往診の為15時からの診療です

Copyright © ASANO DENTAL CLINIC,All Rights Reserved.

TEL  O52-698-1482